学習支援用3次元コンテンツ サンプルをご覧なるにはViewpoint Media Playerのインストールが必要です。
マウスで自分の好きなように操作できる3次元コンピュータグラフィックスは2つのソウゾウ性
(想像性と創造性)を秘めており、イマジネーションとクリエイティブを育てます。
第八章  化学変化
3Dブックを開く @ 原子と分子
A 物質の化合
B 化学反応式のつくり方
C 化合と質量
第七章  共有結合(混成軌道)
3Dブックを開く @ メタン、アンモニア、水
  混成軌道、分子モデル、
  立体構造、構造式、電子式
A アンモニウムイオン
  オキソニウムイオン
B 結晶構造と混成軌道
  ダイヤモンド、黒鉛、水晶、氷
第五章  水の三態と水溶液
3Dブックを開く @ 溶け方〜ろ過〜加熱〜結晶
  (コーヒー砂糖、硫酸銅、デンプン)
A 水の三態
  溶解〜蒸発〜凝結〜凝固
  昇華、固体、液体、気体
B 溶解度曲線
第六章  原子の構造と結合(ボーアモデル)
3Dブックを開く @ 原子構造
  原子構造、単原子イオン、イオン結合
  共有結合、金属の自由電子
A 結晶
  イオンの結晶
  分子の結晶

  金属の結晶(体心、面心、六方最密)
  共有結合(ダイヤモンド、黒鉛、水晶他)
B 氷の結晶
  理科副教材(全編八章)サンプル  ・基本的な使い方
1.イメージの想像性


(1) 観察力の向上
    自由な方向から回転、拡大、縮小、透視等で観察でき、かつ分解、組立ができるので、
    「観察しようとする力」が湧き上がってきます。
    今までは、2次元で観察することしかできなかったが、すべて3次元で観察できます。
    現実は3次元であるため、ようやく当たり前の観察がパソコン上でも本格的にできるように
    なりました。これまでの制限された観察が開放され、自由な場所での自由な観察が「観察力」
    を大きく向上します。

(2) 観察力向上による想像性の発揚
    観察が容易となるため、イメージできずにあきらめていたことが想像できるようになり、その
    結果、全体を立体的に構築しようとイメージを作りあげます。立体的な想像性が活発に動き出し、
    最終的には、時間と空間を巻き込んだ想像性が発揮されます。

2.クリエイティブの創造性


(1) 次の段階へのイメージへ
    イメージができなければ、発想はそこで止まってしまいます。しかし、観察して、イメージができ
    あがると、次の段階へイメージが進むことができます。
    つまり、イメージができあがる度に、能力が一歩前進します。これが繰り返されると、イメージを
    作り上げる力そのものが訓練され、新しいイメージを作る「力」が成長し、いつでも、次の段階を
    考えることができるようになります。

(2) イメージの具現化への創造的活動
    新しく得たイメージは新鮮で、刺激的であるため、必然的にそれを実現化しようとする創造的活動
    が始まります。この3次元コンピュータグラフィックスは自分のマウス操作で物を動かすことができ
    るので、想像性と創造性を発揮することができます。

3次元学習ソフト
「鉄筋コンクリート構造物の配筋図」

記載されている鉄筋コンクリート構造物は下記文献に基づいています。

出典文献 : 
土木製図基準改訂委員会編
土木製図基準 平成10年版、土木学会、1998年12月

該当箇所
@橋脚 P66 図3.2.2
Aポストテンション方式単純T桁橋 P67 図3.2.3
P68 図3.2.4
P69 図3.2.5
B逆T形擁壁 P70 図3.2.6
Cボックスカルバート P71 図3.2.7
D場所打ちコンクリート P72 図3.2.8
第三章 力のつりあい
3Dブックを開く @ 抗力、張力、浮力
A フックの法則
B 力の分解
C 力の合成
D 斜面に働く力
第四章 酸とアルカリ
3Dブックを開く 塩酸と水酸化ナトリウムの反応
@ 中和と中性
  BTB溶液による色の変化
A 酸の程度(指示薬)
  リトマス試験紙他
B 中和反応(分子モデル)
3次元学習ソフト「小学校算数」より
3次元学習ソフト「地球と天体」より
第一章 電流と磁界
3Dブックを開く @ 棒磁石
A 電流がつくる磁界
  (直流電流、円形電流、コイル)
B 電気ブランコ動作原理
C モーター動作原理
Copyright (C) 2007 . Virtual Harmony
第二章 光とレンズ
3Dブックを開く @ 入射と反射
A 屈折と全反射
B 水中による全反射
C 鏡、90度の2つの鏡
D屈折による浮き上がり
E反射プリズム、分光プリズム
F凸レンズ
G凹レンズ

↓ 画面内をマウスの左ドラックで回転、右ドラックで拡大・縮小操作ができます ↓